虚々実々日記

これは僕(古藤)が日々感じていること、考えていること、体験したことを日記風にまとめたものです。
一部フィクションもありますが、概ね晴れるでしょう。

朝夕に少し涼しい風が吹くと、ハゼが食べたくなる。

ハゼは白身のおいいしい魚である。
キスよりもずーっと味が深く、豊かだ。

東京では屋形船に乗って釣りに出かけ、釣ったハゼを
船の上でテンプラにして食べさせるのが有名だ。

関西ではそういう船も無いし、市場でも売っていないので、
食べたくなれば釣るしかないのである。

と言っても、あまり腕は関係なく、居れば釣れる魚だ。

そこで、一人で休みの日の早朝に武庫川の川尻(武庫川団地駅)
に出かけた。

「まだ、時期的に早いかなーっ」と思いながら、釣具店に入り
餌を買う。釣況を聞いてみると、そこそこ釣れているようだ。

防波堤の階段を上り、川岸を見渡すと結構、釣人がいる。
釣具店で聞いたバックネット前のポイントに向かう。

缶ビールを飲みながらお気楽そうに釣っている、サングラスの
親父に挨拶し、隣に入れてもらう。

ちょい投げの仕掛けをセットして、エサをつけ、10mほど先に
投げ入れる。いきなり、プルプルというハゼ特有のあたり、
巻き上げると両方の針に飴色のかわいらしいハゼが着いていた。

今年は結構、魚影が濃いかも・・・と一人、ほくそ笑む。

そこで、隣の親父にもあたりが。親父もリールをぐいぐいと
巻き上げる。ビニール袋が釣れた。

親父と目が合う。親父は照れ臭そうにうつむき加減に笑う。
こちらも軽く会釈する。

また、あたり。今度は一回り大きなハゼがあがってきた。

親父もグイグイとリールを巻く。木の枝が釣れた。
仕掛けもぐしゃぐしゃになっている。

親父はまたも照れ笑い。こちらも微笑み返す。

餌を付けなおし、仕掛けを放り込む。またもや、あたり。
休む閑がない。

親父は今度は軍手を釣った。目の端でそれを見届けたが、
決してそちらの方は見ない。

来た。岸近くであたり。フルセという大きめのハゼである。

親父は今度はグイグイと竿をあおっている。
あきらかに地球を釣っている。親父はグイグイと勢い良く
竿をあおり続ける。
すると、突然、プツンと仕掛けが切れた。
バランスを崩した親父は自分のバケツに
手を突っ込んで転倒した。

すると、バケツに入っていた釣り上げたハゼは
勢い良く流れた水と共に、川にお帰りになった。

残ったのはビニール袋と、木の枝と軍手だけである。

私は竿を出したまま、そーっと、親父の方に
背を向けた。
私の肩が震えていたのは言うまでもない。

・・・だから、釣りは止められない。

ど、どんくさー!

株式会社リンクアップ様掲載文より転用
前のページにもどるこのページのトップに戻る